身体が硬いと腰痛になりやすい?


『身体が硬いと腰痛になりやすい?』とよく聞かれますが、

なぜ身体が硬いのが腰痛に繋がるのか?

 

身体が硬いと一言で言っても数ある関節の中で

ここでは股関節の柔軟性を指します。

 

腰を前に曲げたり、後ろにそらしたり、

または腰をねじったりする動きは、

実は腰だけでなく股関節も同時に動いています

 

腰と股関節が連動して行う動きのはずが、

股関節の柔軟性がないと、

腰だけを使った動きになってしまいます。

 

股関節を動かす代表的な筋肉は

前面にある大腿四頭筋

後面にあるハムストリングスが有名です。

 

この二つの筋肉は、

骨盤から始まり、股関節、膝関節をまたいで

脛骨(すねの骨)に付着しています。

 

骨盤に付着していることから骨盤の前後の傾きも関係しています。

 

大腿四頭筋が固いと骨盤は前に傾き、反り腰を作ります。

ハムストリングスが硬いと骨盤は後ろに傾き、丸まった腰を作ります。

 

反り腰も丸まった腰も腰痛を引き起こします。

つまり、身体が硬いと腰痛を引き起こすといってよいでしょう。