院長あいさつ

こんにちは。

 

健向接骨院院長の磯部直之です。

 

私は、中学、高校生のときに部活動で陸上部で短距離走をやっていました。やはりスポーツに怪我は付き物で、いろいろなところを怪我してそのときに友人の紹介で健向接骨院に来院しました。

それからは痛い所があればもちろん、特に痛い所が無くても身体のメンテナンスに健向接骨院に通っていました。

 

そのときに今のグループ総院長の中川先生に治療して頂き何度も助けていただきました。そんな体験から自然とこの道に進むことを決めました。

 

治療を受ける側から気づいたら治療をする側になっていました。

それくらい夢中にこの仕事にのめり込み、院長を任せて頂けるまでになりました。

 

多くの方と接する事の多いこの仕事ですが、

治療の技術や治療機器がどんどんと進歩する中で、

私が最も大切にしているのは患者様との信頼関係です。

『何かあったら健向接骨院に行こう』と思っていただくために、常に患者様にご満足頂くためには

自分は何ができるのか?なんと言ってあげたらよいのか、日々考えながら治療に当たっております。

 

今、健向接骨院では、総院長の中川先生の目指す、

『腰痛で苦しむ人を一人でも多く救いたい』とういう考えのもと

腰痛治療に特化した接骨院へと進化しました。

 

もちろん腰痛以外の患者様も大歓迎です。

 

『誰かの為になることをして誰かに喜んでもらいたい』

この仕事を目指す人間は誰でもこんな気持ちを持っていると思います。

 

『健向接骨院に来て良かった』と言っていただけるよう、

スタッフ一同、日々精進し患者様のご来院を心よりお待ちしております。