むちうち

■むちうちとは?

むち打ち症の原因で最も多いのは、自動車の追突事故です

その際に、首に鞭を打つような動きが首に加わることで痛めるので『むちうち』と言われます。
軽い事故の場合、事故直後の検査では異常が認められず、自覚症状もないことがあります。しかし、数日後から症状が現れてだんだんと強くなっていくことも多いです。

ですから、事故直後には自覚症状が無くても、念のため医療機関を受診して検査を受けましょう。


■むちうちの症状

むちうちの症状は決まったものは無く、患者さんそれぞれで症状は違います。

その中でも多く聞かれる症状についてご紹介します。

 

 

  ・首の痛み    ・頭痛、肩こり

  ・めまい     ・手の震え

  ・手足のしびれ  ・感覚異常

  ・だるさ     ・倦怠感

  ・吐き気     ・集中力の低下

  ・ふらつき感           など

 

 

多くは首の痛みから始まりますが、そこから頭痛や手のしびれなどいろいろな症状が出る可能性があります。

 


■むち打ちの治療

むち打ち(交通事故)の治療では、最初の1~2週間は安静を保ち、

炎症を抑える治療を受けます。


病院で行う様な機械による頚椎の牽引というような治療は行いません。

患者さんのその日の状態を確認してから手技を使って頸椎の生理的前彎のアライメントを整えていきます。そうでないと、逆に筋肉や靭帯を痛めてしまうことがあるからです。

カイロプラクティックを行うことにより、むち打ちの主症状である、頭痛や、首が回らないといった症状は数回の治療で明らかな改善を体感できます。


むち打ちは治らないものと諦めている方は、示談の前にぜひ、一度ご相談下さい。
むち打ちは、きちんと治療すれば必ず改善されます。


「むち打ち症」といっても、患者様によってケガの程度や症状は異なります。
うつや全身の倦怠感など人には伝わりにくい症状が起こることもあります。
不安ことがあればお気軽に相談ください。

TEL:048-838-5218