頸椎ヘルニア

■頸椎の椎間板ヘルニア

腰の椎間板ヘルニアは有名ですが、頸椎の椎間板ヘルニアはまだそこまでメジャーではありません。

しかし、パソコンとスマートフォンの普及に伴って、ストレートネックが増えてきたことによって

頸椎ヘルニアも増加傾向にあります。

 

頸椎ヘルニアは首の痛みと手のしびれを主な特徴とする

重篤な頸椎の疾患です。

 

頸椎はそもそも7つの骨で構成しています。

この7つの骨のそれぞれの間に椎間板が存在します。※第1、第2頸椎の間にはありません。

 

どこの椎間板がヘルニアを起こすかで症状が違います。

具体的には神経症状が出てくる箇所が変わります。

 

親指と人差し指だけしびれる場合や小指と薬指だけしびれる場合など。


■頸椎ヘルニアの症状

 

  • 首から手にかけて強い痛みやしびれがある
  • 上を向くことができない
  • 首の可動域が制限される
  • ストレートネックが見られる

                        など

 

 

頸椎ヘルニアのもっとも特徴的な症状は手のシビレです。

ただし、【手のシビレ=頸椎ヘルニア】ではありません。

頸椎ヘルニア以外にも手のシビレを出す疾患はありますので鑑別が必要です。

また、上を向くと手がしびれてしまうことが多いため上を向くことが出来ず、首の可動域が制限されます。


■頸椎ヘルニアの検査

頸椎ヘルニアと診断するために有効な検査法に、

ジャクソンテストとスパーリングテストがあります。

■ジャクソンテスト頸椎を伸展(上を向く)させ上方から頭部を下方へ圧迫し、神経を圧迫させ、神経症状を誘発させる検査です。手に神経症状が誘発されれば陽性となります。 

     

■スパーリングテスト神経症状が出ている側とは反対に頸椎を回旋させたまま頸椎を伸展させ、頭部を上方から下方へ圧迫させ神経症状を誘発させる検査です。手に神経症状が誘発されれば陽性となります。


■頸椎ヘルニアの治療

当院では頸椎ヘルニアに対して、

プロテックによる頸椎の除圧治療もしくはタオルによる牽引治療を行っております。

■プロテックによる頸椎の除圧治療顔面と頭部の重さを完全に支えることによって、頸椎に顔面と頭部の重さがかからない状態を作ることによって頸椎の椎間板にかかる圧を取り除きます。これを繰り返すことによって頸椎の椎間板に栄養を送り修復を行います。
■タオルによる頸椎牽引一見原始的に首を引っ張っているように見えますが、頸椎ヘルニアは起こる場所や程度によって牽引の強さや角度を変える必要がありますのでこのようにタオルで行うことよって狙った椎間板をピンポイントで牽引する事が出来ます。

※治療期間について

頸椎ヘルニアについても腰の椎間板ヘルニアと同様に

長期間かかることが多いです。

 

しかし、腰は上半身すべての体重を支えていることに対し、

頸椎は頭の体重を支えているだけと考えますと、

腰よりは治るのも早いと考えられます。

 

個人差はありますが、

2~3ヵ月ほどの治療でかなり改善が見られます。